2016年4月14日木曜日

こころの取扱説明書:基礎講座の説明

こころの取扱説明書     

ひとはなぜ悩むのか?

悩みは何処から来るのか?

悩みから、救われるにはどうすれば良いのか?・・・・等々

フロイトやユングが心の謎解きし始めて


100年以上が経ちますが、

答えは未だに見つかっていません。

永遠のテーマです。

その事は専門の学者達に任せましょう。

第1章:カウンセリングとはなに?

人は「共生の動物」です。

決して独りでは生きていけません。

人と交流:コミュニケーションによって

存在感を感じ、

こころの安定を図ります。

処が、私達はトラブルを起こす

コミュニケーションを行います。

第2章 コミュニケーション能力

人は話を聴いてくれる人を探し求めています。

悩み、苦しみ、傷ついた人は

優しく、受け止めてくれる人を探し求めています。

「こころの叫び」を吐き出し

聴き、受け止められる事により

こころは癒されます。

第3章:無意識の世界を知る

「おはようございます」と

挨拶をしただけなのに

「うるさい」と、

噛みつかれた。

何時も通りに、仕事を行っているのに

ミスを犯しているように言われたり

怒られたり!

こんな経験は、経験はありませんか?

第4章:自分を受け入れる

私達は人から嫌われ事を怖がります。

それ故に、嫌われないように

自分に嘘をつき、相手に合わせて生きています。

知らない事を知らないと言えない。

言えばバカにされる。

まして、「No」なんて、絶対に言えない。

嫌われ、傷付けられるから。

「自己否定」

他人の評価で自分を決めています。


第5章:話し方訓練

「私の気持ちを分かってくれない」と、

叫んだ事はありませんか?

でも、何を分かって欲しいのですか?

分かって欲しい事が

気付いていない人が多くいます。

自分の分かって欲しい事が

気付いていないのに、

相手の人が、どうしてわかるのでしょ?

第6章:生育歴を知る

人間の成長・発達に必要なものは

愛情(スキンシップ)と刺激です。

それにより、成長します。

0歳から3歳の育てられた環境により、

その人の性格、

人生が決まります。「刻印付け」と言われます。